履歴

主宰・鷹青由加子が作・演出する舞台は、現代社会に鋭いメスを入れ、問題提起をメッセージに込め、時代に警鐘を鳴らす。
生命座ならではの目の離せないストーリー展開と凄まじい衝撃と感動は、観客の心を喚起させ、その評判は口コミでの広がり、新しい観客やリピーターを急増させている。

1999年4月

主宰、鷹青由加子は埼玉県北本市にて「劇団生命座」を立ち上げる
埼玉は当時彩の国さいたまと謳っているわりに都心に比べ芸術、特に演劇にまだ閉鎖的、偏見的な壁を痛感し、 演劇のもつ圧倒的な生命力の存在意義を打ち出したく、ゼロからのスタート

2000年9月3日
旗揚げ公演

「見えない敵―HV317」

北本市文化センター大ホール
一回限りの公演・400人以上の動員
* 北本ネット掲載・チケットぴあでの発券・生命座Eメール・生命座事務局開設
● 背景   動物が狂い死にする狂牛病やエボラウイルスなどが流行
2001年8月
第二回公演

「血を吸う鬼」

北本市文化センター大ホール
環境問題、人種門題、ハンセン病などにも切り込んだ問題作
*人間に裏切られ本能に目覚め、壮絶に闘い殺戮されるシーンは残酷と言うより悲痛。
◎生命座HP開設
●背景・・世界中で環境汚染・環境ホルモンが問題視

2002年3月
再演

「血を吸う鬼」

*青年芸術家協会主催・文化放送後援のビックリハウス風演劇フェスティバル参加作品
神楽坂DIEPRATZEにて優秀作品賞と優秀演技賞2名、受賞
初の都心の小劇場での再演
2002年8月
第三回公演

「二十三分五十七秒 桃太郎外伝」

北本市文化センター大ホール
教室場面には昔ながらの机や椅子が必要で北本の中学校が協力
●背景 同時多発テロ9・11事件から一年。
この作品もテロと戦争を主軸にしたもので人間の愚かさ、命の儚さとかけがえのなさが問われる
◎後援・北本市教育委員会・北本市文化団体連合会
2003年8月
第四回公演

「リンク・・アナタノココロモ金属デスカ?」

北本市文化センター大ホール

美術の手作り階段は団員の汗の結晶
追加後援・さいたまコープ(生協)
●背景   精巧なロボット開発事業が先進国で拡大。 IT世代、ゲーム脳現象、陰湿なイジメや凶悪な青少年犯罪が多発。データ依存から創造や現実社会に対応困難の世代が増加

2004年9月
設立五周年記念公演北本市文化センター大ホール

「サバイバー・・・見知らぬ私」

●背景  凶悪、猟奇的犯罪が多発。どんな罪を犯しても心神喪失なら無罪になる日本の法律の不条理さや人間の価値基準のあり方が社会問題となる
*追加後援、協力 埼玉県・埼玉新聞・北本各小中高校・オーディション各誌
2005年9月

「鼓動を刻む聖戦・・僕らミクロの兵士たち」

第17回池袋演劇祭初参加 大塚ジェルスホール

* 東京芸術劇場での表彰式にて日本映画俳優協会賞を受賞


第六回本公演
同作品を北本市文化センター大ホールにて上演

* 東京と埼玉抱き合わせで同月にて上演、大舞台にあわせたセット作りは半年前から同時進行・殺陣師による本格的殺陣に初挑戦
●背景  癌細胞を早期発見・壊滅する最先端医療がブームに。人間の生きようとする原動力が問われる
2006年12月
☆受賞記念追加公演☆

「鼓動を刻む聖戦・・僕らミクロの兵士たち」

北本市文化センター大ホール
北本市長との接見・埼玉県芸術文化振興財団の後援・埼玉ケーブルテレビで劇団紹介が新春に放映
●背景  自殺者が年々急増。相手のわからないネット上での中傷など書き込みが引き金になるケースも多い。行き過ぎた個人情報保護への問題も浮上
2007年7月
第七回本公演

「その瞬間(とき)を抱きしめたい」

彩の国さいたま芸術劇場(初)
*1985.8.12日、521名の犠牲者を出した日本史上最大の飛行機事故、御巣鷹山での日航機事故をモチーフにしたオリジナル作品。
蜷川幸雄主催のさいたま芸術劇場にて公演。
暗転幕もセットも殆どない空間での機内演出に悩むが劇場構成をうまく利用することでの発想転換、また実録をテーマにするため、犠牲者のご遺族の方々の中で812連絡会代表の美谷島さんと一通の手紙がきっかけでお話を直接伺うことができる。 三回公演で動員700以上
追加後援、協力 さいたま市・埼玉、朝日新聞・北本ラジオ
2008年4月

「二十三分五十七秒 未来からの記憶」

北本市文化センター大ホール
桃太郎外伝のリメイク
●背景  パソコン、携帯など電子機器が更に高度な技術を競いあい情報も多様化
直接話すことよりデータでやり取りすることが煩わしくないと思う人も増加。煩わしさが人の心を成長させる種であることを知らないままに俗にいうキレる人間や世代、犯罪も増加

2008年9月
再演

「その瞬間(とき)を抱きしめたい」

大塚、萬劇場 ☆第二十回池袋演劇祭参加作品☆
*「豊島区長賞」受賞
小劇場ならではの迫力が前回よりさらに増し、ゲネを観て初めて鳥肌がたった作品。
全回が満席御礼、チケット完売・初のスタンディングオベーション
●背景   日航機事故からおよそ23年、偶然にも公演後、山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」が映画化、反響を呼ぶ
2009年7月
☆生命座十周年記念作品☆

「~聖夜をかけぬけた風~物言わぬヒーローたち」

彩の国さいたま芸術劇場
●背景
 アナログ放送があと二年で終わると発表。大量のテレビが廃棄される予測
日本の年間ごみ廃棄量が世界一。
環境問題が深刻化する中、家財だけでなく、生存に不可欠なエネルギーや食料までが大量生産、大量廃棄され、ついに子供を廃棄する赤ちゃんポストなるものまで設置

2011年2月
グリーンフェスタ2011参加作品

「テノヒラノ鎮魂華~散る桜 残る桜も 散り逝く桜~」

池袋シアターグリーン BASE THEATER
*作・演出の主宰が日本演出家協会主催の若手演出家コンクールにノミネート
11月30日、稽古場にて審査員の前で当作品の通し稽古を披露
神風特攻隊突撃シーンはYouTubeでも話題に。
口コミ等では一番評価の高かった作品

●背景  今も尚、戦争が世界各地で起こり罪のない多くの人々が犠牲になっている
戦争体験者が高齢で少なくなっていく現代に、生き抜くより死ぬことしか選択肢がなかった時代の人たちのメッセージを聞く機会が減りつつある